失恋の詩:誰かの恋人:恋愛詩恋愛ポエムのジューシーなたわごと

詩集:オシャレな恋愛詩恋愛ポエム


恋をする女の子、男の子、全ての人へ捧げる恋の詩集サイト

誰かの恋人


次 会ったときには
誰かの恋人になっていた。
多分 私にしか分からない 何かが
明らかに違っていた。

その肩も 腕も 頬も
誰かのものになってた。

“誰か”の威力はすごいのね。

こうやって 時間が経てば経つほど
あなたが他人になっていくのね。

いっそのこと 二度とあなたと分からないくらいに
なってしまえばいいのに。

ブルーメニュー

*マークは新作です。

世界でたったひとつ!大人気のあなたのためだけの占い本

トップページへLinkIcon


スポンサードリンク