君がいない春

もう 待ちわびることはない。
この街で 君の面影を探すこともない。

君の家の方を 眺めることもない。
君がよくタバコを買うって言ってた
自販機の前を通ることもない。

どうか お元気で。

もっと早く出会いたかった。
話さなきゃいけないこと
本当は たくさん あったみたい。

どうか 変わらないで。
何も 変わらないで。
いつか 会える事があったら

遠くの道からでも
君であることが分かるような

君でいて。

桜の季節

関連記事

  1. ふたり

    誰かの恋人

  2. 海と後ろ姿

    一生の女

  3. 好きで、いよう。

  4. 日記帳

    思い出の準備

  5. 下を向く女性

    なっていたいの。

  6. 切ない背中

    バイバイ、恋。

  7. 窓辺

    いまでもなお。

  8. 手にハート

    こぼれたダイヤモンド

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      海と横顔
      モトカノ。