君のために

大げさかも知れないけれど
君と離れて思ったよ。

この服も この香水も この化粧品も
全て 君のためだったんだって。

この音楽も この雑誌も この電話も
みんな 君のためだったんだって。

思ったよりも君のために生きてたんだ 私。
君が全ての支えだったんだ。

今ごろ 気づいても 遅いけれど。

香水

関連記事

  1. 横顔

    ドキドキが聞こえますか?

  2. 立ちすくむ

    サヨナラの音。

  3. あなた

  4. 日記帳

    思い出の準備

  5. 髪

    千古不易

  6. 足元

    おかえりなさい。

  7. 綴る。

  8. 男性

    フラッシュバック

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      寝転がる女子