過去の恋を思い出す詩

詩集:オシャレな恋愛詩恋愛ポエム


恋をする女の子、男の子、全ての人へ捧げる恋の詩集サイト

この街

8ヶ月ぶりに着た服は
かすかにあなたの匂いがした。

そうか 随分時間が経っていたと思っていたのに

久しぶりに訪れたこの街のどこかに
あなたがいるから
前より 随分 キライになっていたよ

通った記憶のある道は
なんだかビクビクする

随分 居心地の悪い街に
なっていたよ

そうだ、あんなことを考えていた
蘇る

どこかに追いやっていた記憶

今になってイライラしたり
今になって怒ってみたり

蘇る どこかに追いやっていた記憶


あんなに嬉しかったのに
ここに来ることが
あんなにワクワクしていたのに

随分 居心地が悪いよ

誰かとすれ違うたびに
ビクビクしていたよ

まだ この街のどこかに
あなたの残像を
いつの間にか 探していたよ。


この街よ さよなら
本当は大好きだったよ

美しい夕日が見えるこの街
柔らかい空気の この街

笑顔が溢れるこの街

さよなら

本当は大好きだったよ。

sora031.jpg

ブルーメニュー

*マークは新作です。

世界でたったひとつ!大人気のあなたのためだけの占い本

トップページへLinkIcon


スポンサードリンク