いまでもなお。

すっかり忘れたものだと思っていた。
もう、大丈夫なんだと思っていた。

でも、ときどきね。

ちょっと、まだ体が反応するんだ。
君に。

そんな自分にビックリする。

たまにね、夢に出てきたり。
あの歌を聞いて思い出したり。

思い出とは違う感情が
まだ少し残っているみたいだよ。

大した思い出もなく
大した時間ではなかったけれど、
君は自分が思っているよりも
ずっとずっと

私の中に刻まれているみたいだ。

今、何しているのかな。

私、まだ。
あなたのこと、
好き、みたい。

いまでも、なお。

窓辺

関連記事

  1. 足元

    おかえりなさい。

  2. 海と少女

    ココロの中身

  3. 下を向く女性

    喪失感

  4. 足

    運命の人2

  5. カフェ

    色を無くした景色

  6. 横顔

    恋愛ベタな男子に捧ぐ。

  7. 香水

    君のために

  8. 立ちすくむ

    サヨナラの音。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 幸せな恋の詩