色を無くした景色

そうか。
あなたのわたしじゃなくなっただけで、
こんなにも
景色が色を無くす。

セピア色。
どこを見ても。

あなたと一緒に歩いた道も
一緒に行った喫茶店も
流れる景色が全て
色を無くす。

褪せていくよ。
褪せていくよ。

この間まであんなに
キラキラしていたのにね。

糸が切れた操り人形みたいだよ。
無くしたのは、あなただけじゃなかった。

この間まであんなに
キラキラしていたのにね。

あなたのわたしじゃなくなっただけで
こんなにも
こんなにも
見えるものが違うんだ。

どんなにかあなたの私であったかを
思い知る秋。

カフェ

関連記事

  1. 手にハート

    こぼれたダイヤモンド

  2. あの日々

  3. あなた

  4. 香水

    君のために

  5. 足元

    おかえりなさい。

  6. ハート

    からだ半分。

  7. 今、僕はどんな顔をしている?

  8. 下を向く女性

    喪失感

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      海と横顔
      モトカノ。