綴る。

綴る。
この想いを。
私が、生きていたって証を。

悲しみも 憎しみも 憂いも 孤独も
恋心も

誰の為でもない。

ただ、ただ。
いつか、忘れてしまうだろう。

私は、こんなこぼれそうな気持ちが
よぎったってことを。

だから、
この気持ちが確かにあったっていうことを
忘れないために。

私は、綴る。

関連記事

  1. あの日々

  2. 足元

    おかえりなさい。

  3. デート

    あの思い

  4. 泣く女性

    ナミダ、コボレル。

  5. 空

    君のない一日。

  6. 下を向く女性

    なっていたいの。

  7. 椅子

    王様席

  8. からっぽ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      女性の手