なっていたいの。

恋愛観の違い、なんて言ったら
簡単だけど

何かもかも捨てて
がむしゃらに会いたいって
わがままに言うような
あなたのキャラにないようなことを
たまには望んでいる

こうやって、心のバランスを取って
今日も唇を噛みしめる。

そう、たまには
めちゃくちゃに
寂しくなって欲しいのよ。

お前が今、横にいれば
なんて
思って欲しいのよ。

そんなあなたのキャラにないようなことを
心のどこかでいつも
望んでいるから

恋愛観の違い、なんて言ったら
簡単だけど。

そう変えられない
自分を責めるよ。今日も。

手に入れて、手に入って
それでも、こんなに切ないのなら
私は今、なんのために恋をしているのか
良く分かんないよ。

もっと、捕まえに来てくれていい。
もっと、わがまま言ってくれていい。
もっと、嫉妬してくれていい。
もっと、疑ってくれていい。

明日も早い、なんて
なんてつまらない男。

予定があるなら仕方ない、なんて
なんてつまらない。

もっと、無理してくれていい。
もっと、捕まえに来てくれていい。
もっと、縛ってくれていい。

そんな
あなたのキャラにないような姿に

そんな
あなたが驚くような姿に
なってもらいたいの。

なってしまう女に
なっていたいの。

下を向く女性

関連記事

  1. 空

    君のない一日。

  2. 後ろ姿

    以心伝心

  3. ふたり

    誰かの恋人

  4. 今、僕はどんな顔をしている?

  5. 寝転がる女子

    今日を生きている。

  6. 日記帳

    思い出の準備

  7. コーヒー

    コーヒーはブラック。

  8. 指輪の跡。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      線路
      この街