失恋の詩:からっぽ:恋愛詩恋愛ポエムのジューシーなたわごと

詩集:オシャレな恋愛詩恋愛ポエム


恋をする女の子、男の子、全ての人へ捧げる恋の詩集サイト

からっぽ。




時間が経って ようやく分かってきた。
やっと 全てを 受け入れられてきた。


私からあなたが消えていく。
あのやさしい笑顔も 幻のように遠い記憶。

あなたから私が消えていく。
時間が経つほど、思い出になっていく。
あなたから私がどんどん過去になっていく。


からっぽ。になった。

キミが満たしてくれたものが。もう。
自分の体が 自分のものじゃないみたいに。
いまさら 気づいてごめんなさい。
随分 たくさんの何かをキミは残していったんだね。

からっぽ。になっていく。

今日よりも明日、明日よりも、あさって。

どんどん私からあなたが消えていく。





ブルーメニュー

*マークは新作です。

世界でたったひとつ!大人気のあなたのためだけの占い本

トップページへLinkIcon


スポンサードリンク