新しい恋へ向かう詩

詩集:オシャレな恋愛詩恋愛ポエム


恋をする女の子、男の子、全ての人へ捧げる恋の詩集サイト

Restart



あれからやけにはしゃいで過ごした。
あなたがいなくても生きていけるって思いたくて。
時には 寂しくなるけど
新しい自分になれる機会だと言い聞かせてる。

いろいろ 悩んで
泣いて 過ごして
迷って出した結論は 多分 間違ってない。
褒めてあげよう。

つらかっただけじゃない思い出を断ち切って
時々は戻ってもいいと思うズルさを飲み込んで
空いた時間に戸惑いながらも
ひたすら前を見ようとした私を。

あなたの声を聞いて 心の痛みは残るけど
こんな私の門出は 明るく祝うしかないから。

昔と違う私を あなたに見せて
新しいふたりを始めることで 何かを終わらせる。

こんな私を褒めてあげよう。 褒めてあげよう。
偉かったねって言えるように

これはあなたへの最後の優しさ。
今は分かってもらえなくても
いつかあなたも気づくはず。
あなたも門出を迎えたときに。





ブルーメニュー

*マークは新作です。

世界でたったひとつ!大人気のあなたのためだけの占い本

トップページへLinkIcon


スポンサードリンク