星になった君へ。

今日も眺めているよ。
今日も輝いてくれているね。

星になった君。

いつも元気をくれていた。
いつも癒してくれていた。

その小さな体で。
精一杯に。

君はわたしと一緒にいて
その短い生涯、幸せだったのかな。

幸せだと思っていたのは
私だけではなかったかな。

いつも、励ましてくれた
いつも、笑顔にしてくれた

君がいただけで。

寄り添って、すり寄って
慰めあって。

星になってしまった。
遠くへいってしまった。

なのに、今でもなお、
この私を癒してくれる。

君は凄い子だったよ。
前だって、今だって。

いつか、抱きしめるから。
いつか、抱きしめるから。

また、一緒にいてくれるかな。

星になった君へ。

また、そこから輝いて
私を優しく照らして、待っていて。

関連記事

  1. 観覧車

    ごめんね も ありがとう も。

  2. 桜の季節

    わらっているだけで。

  3. 君の命。

  4. イノリ

  5. 空

    いつになったら。

  6. あなたは太陽。

  7. これを読んでるあなたへ。

  8. 犬と子供

    小さな君

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

大切な人へ贈る詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩