君の命。

あなたが私のお腹の中にいたとき、
どんなに会いたいと思ったことか。

どんなに可愛くて
どんなに守ろうと思ったことか。

あなたは私の分身で
あなたは私の最高傑作なの。

だから、思うがままに生きてもいいけど
あなたは母さんのものなんだから、
傷つけることはやめてね。

勝手に死ぬのも、やめてね。

あなたは私のものなんだから、
そんなことは許しませんよ。

あなたがもしいなくなったら
母さんも半分、いなくなっちゃうから。

それだけ、大切なんだ。
それだけ、大切なの。

今は分からないかもしれないけれど
あなたももう少ししたら
きっとわかるよ。

愛おしい、という感情を。

関連記事

  1. イノリ

  2. これを読んでるあなたへ。

  3. 空

    いつになったら。

  4. あなたは太陽。

  5. 桜の季節

    わらっているだけで。

  6. 観覧車

    ごめんね も ありがとう も。

  7. 星になった君へ。

  8. 犬と子供

    小さな君

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

大切な人へ贈る詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      女性モノクロ