ママの額。

いつも笑っているように見えていたけれど
歳を取る毎に
あなたの眉間の間には
深いシワが刻まれていた。

いつも笑っているように見えていたけれど
その笑顔の裏で
色々・・・
悩んだんだね。

すごく考えたり
すごく悩んだり
すごく耐えたり

そんな証があなたの額に刻まれている。

いつも笑っているように見えていたけれど
たくさん、悩ませたかもしれない。
たくさん、耐えさせたのかもしれない。

ごめんね。
ありがとうね。

何年も経って
こんな形でしか
気づいてあげれなくて
ごめんね。

関連記事

  1. 星になった君へ。

  2. イノリ

  3. これを読んでるあなたへ。

  4. あなたは太陽。

  5. 犬と子供

    小さな君

  6. 空

    いつになったら。

  7. 観覧車

    ごめんね も ありがとう も。

  8. 桜の季節

    わらっているだけで。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

大切な人へ贈る詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      女性モノクロ