生意気だけど、君に捧ぐ。

今の悲しみや不安は
毎日少しずつ 消えて行くよ。

大丈夫。大丈夫。

枯れるまで、泣いたっていい。

自然に笑える日が来るまで
泣いたっていい。

泣いた分だけ、歯を食いしばった分だけ、
下を向いた分だけ、天を仰いだ分だけ、
ため息をついた分だけ・・・

確実に大人になっていて、
成長していて
素敵な女になってるんだから。

絶対。

そしてさ、
ふっと気がつくんだ
「私、いつの間にか元気になってる」ってさ。

それまで、付き合うよ。
それまで、空いた時間を過ごそうよ。

“うまく行かない”ことだって
私たちには必要だよね。

だってさ、そうじゃないと、ジャンプできないじゃない。
飛ぶ前には沈まないといけない、でしょ?。

大丈夫。大丈夫。

今が全てじゃないんだ。
これからが全て、なんだ。

この瞬間だって、もう過去。

あなたの人生は、これからで。
この瞬間も、この瞬間も、これから、で。

そして、振り返ったときに
「あんな私もいたなぁ~って」笑おうよ。

生意気だけど、この詩を君に捧ぐ。

関連記事

  1. 明日は晴れ。

  2. シャボン玉

    それがあなたに必要なこと。

  3. 僕たちはいつも求めてばかり

  4. 泣いてもいいよ。

  5. つなぐ手

    私と一緒に。

  6. 新しい私

    明日へ

  7. 上を向く少女

    泣こうか。

  8. 線路

    今日流した涙

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

元気になる詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      横顔