ねぇ

もうちょっと起きていたいの
もうちょっと一緒にいたいの

できれば、もう少し近くにいたいの
あなたの体温を感じられるくらい

ねぇ。
そんな思いを聞いて
あなたは困った顔をしても
今日はいいと思っているの。
ねぇ。

たまのわがままをうざいと思ったって
いいって思っているの。今日は。
ねぇ。

もうちょっと起きてるの。
もうちょっと一緒にいたいの。
できれば、手を握っていたいの。

あなたは眠くて困っても。
困ったまま、夜が明けるなら
それが本望。

ねえ。
このわがままを
たまのわがままで
少しだけ嫌われるなら
それでもいいって思っているの。今日は。

あなたは眠くて疲れていても。
そのまま、夜が明けるなら
それが本望。

肩

関連記事

  1. 車

    君が風邪をひいて。

  2. オトコノコとオンナノコ

  3. 星のお菓子

    その答えのすべて

  4. ほっぺにハート

    永遠の秘密

  5. 歯ブラシ

    ハブラシ

  6. 寝ころぶ男性

    あなたがもっと。

  7. 笑顔の彼女

    愛していると、さよならと。

  8. 寄りそうカップル

    君となら

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

幸せな恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      海と後ろ姿
      一生の女