スキダッタ

すきだったんだよ。ほんとうに。

すき、だった。こころから。

もしかしたら、はじめての

気持ちをね、いっぱい知った。

すきだった、なんてね。

今さら、言っても仕方ないけれど。

僕は 魔法使いではないから

念じたって、通じないけれど。

どうして。

文字は簡単に世の中に出せるのに。

あの人へは飛ばせない?

あの人には伝わらない?

のどの奥につまって

僕の体の中にとどまるから

くるしいよ。

 

すきだった、んだ。

すきだった、んだ。

きっと、今でも。

シャボン玉

関連記事

  1. 携帯

    オレンジのライト

  2. 眠る

    ママ

  3. 女性の手

    もしも、あなたに出会ったら

  4. 男性

    僕たちの温度

  5. くま

    首のほつれたクマの人形

  6. 海と後ろ姿

    一生の女

  7. 女の子

    永遠の孤独。

  8. 窓辺

    いまでもなお。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      海と横顔
      モトカノ。