あの日々

なにも、後悔はない。

なにひとつ、後悔はない。

一生懸命、恋をしました。
一生懸命、あなたを好きでいました。

こんな日々が、ずっと続くなんてことは
思っていなかったけれど

それを終わらせないといけない今、
君を想っていた時間の使い道に
困っているよ。

ただ、好きでいるだけだったら
それでも、良かったかもしれない。

友達じゃ、ダメなら
もう・・・

無になるしかない。

いっそのこと、何もなかった頃に戻れれば
この苦しみはなくなるのかな。

でも、あの、笑っていた日々が
体に頭に腕の中に残っているから
ただ今は苦しいだけだよ。

何も後悔はない。
何一つ、後悔はない。

体いっぱいで、
精一杯で

君を愛していたよ。

さよなら。わたし。
さよなら。あの日々よ。

さよなら、楽しかった時間よ。

さよなら、今でも愛おしい
あなたよ。

関連記事

  1. 窓辺

    いまでもなお。

  2. くま

    首のほつれたクマの人形

  3. 横顔

    ドキドキが聞こえますか?

  4. 街

    奪い去ってしまいたい。

  5. うんざり。

  6. 海と後ろ姿

    一生の女

  7. 寝転がる女子

    今日を生きている。

  8. 2人の後ろ姿

    つぼみ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      横顔