あの思い

毎日、フワフワしていて
自分じゃないみたいだった。

メールが鳴るたびに嬉しくて
飛び上がりたい気持ちになった

もっと可愛くなりたいって
毎晩思った。

いい香り探したり
幸せな歌が心に響いた。

寝る前にあなたのことを
考えるのが嬉しかった。

携帯を持ったまま寝た。

あなたからのメールを
どこでだって 何度だって
読み返した。

声を聞くたびに好きだと実感した。

心がじわっと何度も浮き上がった。

もっともっとあなたと一緒にいたくて
一日がもっと長ければと思った。

帰りたくなかった
もっと一緒にいたかった。

わがままを言いたかった
時には困らせたかった。

あんな思い。
確かに私の中にあった。

あんな思い。
もうできないかもしれない。

だから、こんな思いをくれたあなたに
ありがとう。

もう二度と
あなたにこんな気持ちになれないなんて。

デート

 

関連記事

  1. 空

    髪を切った日。

  2. 髪

    千古不易

  3. 女性の手

    もしも、あなたに出会ったら

  4. 足

    運命の人2

  5. どうして、いますか?

  6. 男性

    フラッシュバック

  7. 海と少女

    ココロの中身

  8. 好きで、いよう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 2人の後ろ姿
      元彼はyoutuber

      2018.12.17

    2. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    3. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    4. 海を歩く女性

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      女性の手