首のほつれたクマの人形

誕生日プレゼントにもらったクマの人形
別に名前をつけたわけでもなく
特別な感情を持っていたわけでもなく
ただ 私の横に意味もなく 置いてあっただけ。

いつの日か自分につまづいて
どうしようもなくなって
ふっと掴んだそのクマは
首がほつれて わたが出ていた

何だか名前をつけたくなった
特別になりそうだった

首のほつれたクマの人形
何かの叫びが聞こえてきそうで
「よし よし」って頭を撫でた。

今夜はこの子を抱いて眠ろう

君の痛みは私もおんなじ。

くま

関連記事

  1. カフェ

    色を無くした景色

  2. 自動販売機

    長い間君のものだった僕のカラダ。

  3. 空

    例えばこんなとき。

  4. 街

    奪い去ってしまいたい。

  5. 窓辺

    いまでもなお。

  6. 少女

    きっと君は誰かを好きになる。

  7. 足

    運命の人2

  8. 椅子

    王様席

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

最近の記事

  1. 2人の後ろ姿
    元彼はyoutuber

    2018.12.17

  2. 東京の夜景
    光と文字の街

    2018.10.10

PICKUP

  1. 切ない恋の詩

    切ない背中