誰かの恋人

次 会ったときには
誰かの恋人になっていた。
多分 私にしか分からない 何かが

明らかに違っていた。

その肩も 腕も 頬も
誰かのものになってた。

“誰か”の威力はすごいのね。

こうやって 時間が経てば経つほど
あなたが他人になっていくのね。

いっそのこと 二度とあなたと分からないくらいに
なってしまえばいいのに。

ふたり

関連記事

  1. 足元

    おかえりなさい。

  2. 髪

    千古不易

  3. 窓辺

    いまでもなお。

  4. 後ろ姿

    以心伝心

  5. 携帯画面

    決断

  6. コーヒー

    コーヒーはブラック。

  7. 横顔女性

    すり抜けていく

  8. 線路

    この街

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      横顔