誰かの恋人

次 会ったときには
誰かの恋人になっていた。
多分 私にしか分からない 何かが

明らかに違っていた。

その肩も 腕も 頬も
誰かのものになってた。

“誰か”の威力はすごいのね。

こうやって 時間が経てば経つほど
あなたが他人になっていくのね。

いっそのこと 二度とあなたと分からないくらいに
なってしまえばいいのに。

ふたり

関連記事

  1. ハート

    からだ半分。

  2. うんざり。

  3. 横顔

    言葉にできない。

  4. 香水

    君のために

  5. 街

    もう一度あなたに

  6. 女性モノクロ

    Only 5 minutes before

  7. 眠る

    ママ

  8. 横顔

    デジャヴ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 観覧車
    2. 肩
      ねぇ

      2015.09.12

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩