誰にも、とられたくないんだよ。

僕がもっと上手にできれば良かったんだけど。

君がかすんでいくんだよ。

この間までは まだ 手もつなげていたけれど
温もりも まだ 鮮明に
僕の体の中に 残っている。

二人にはいろいろあって
その一つ一つが 低温やけどのように
僕らの体に 染みついて
痛みが消えることは なかった。

僕がもっと大人で
上手にできれば良かったのだけれど
できていないことが瞬時に分かっていながらも
尚 どうしようもなかった。

だから
君が離れて行くような気が
喉の奥の方で 微かに覚悟はしていたんだ。

今思えば 君は僕にはもったいなかった。
だからこそ 本当は
誰にも とられたかないんだよ。

あの笑顔を 誰に見せるの?
あの寝顔を 誰に見せるの?

無邪気な笑い声も
おどけた表情も
大人びた 真剣な眼差しも

誰かのものになると思ったら
心が掻き毟られる。

本当は 誰にもとられたくないんだよ。
誰のものにも ならいでよ。

僕がもっと大人で
上手にできれば良かったのだけれど。

後ろ姿

関連記事

  1. 街

    もう一度あなたに

  2. 空

    例えばこんなとき。

  3. あなたとわたし。

  4. 日記帳

    思い出の準備

  5. くま

    首のほつれたクマの人形

  6. 少女

    きっと君は誰かを好きになる。

  7. 横顔

    恋愛ベタな男子に捧ぐ。

  8. 絶望

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

最近の記事

  1. 2人の後ろ姿
    元彼はyoutuber

    2018.12.17

  2. 東京の夜景
    光と文字の街

    2018.10.10

PICKUP

  1. 切ない恋の詩

    横顔
    デジャヴ