廃人。

私の中はあなたで満たされていたから。

いまはもはや、自分の体じゃないみたいだ。

もう、あなたを思って心配することも
切なくなることも 泣くこともなくなったけれど
笑うことも なくなった。

自分ひとりじゃ、生きていけないのかな。

私、は、いつ戻ってくるのかな。

私から私を奪ったあなたへ。

あなたはもう、別の誰かで満たされているの?

それとも、私と同じように
少しだけ 廃人 になっているのかな。

どうか、私があなたを忘れられるまで
生きていて。

あなたは
生きていて。

私が 生きていけるように。

横顔

関連記事

  1. 香水

    君のために

  2. 街

    奪い去ってしまいたい。

  3. 海と後ろ姿

    一生の女

  4. 女性の手

    既読と未読も孤独。

  5. あなたとわたし。

  6. うんざり。

  7. 桜の季節

    君がいない春

  8. 下を向く女性

    なっていたいの。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      桜の季節
      君がいない春