決断

いまでも、間違っていなかったのかどうかは、
分からない。

新しい自分になれると思ったのよ。
お互いのためだと思ったのよ。

なのに、あなたがいつも電話をかけてきた時間に
携帯を見るクセが治らない。

別に憎しみ合ったわけではないのだから、
声くらい聞かせてくれてもいいのに。

なんてね。

あなたへ着信を残そうとするけれど、
この時間が無駄になると、
少し躊躇する。

こんな切ない夜を過ごすのであれば、
恋に悩んでたあの日々に耐える方が
良かったのかもしれない。

この決断が
良かったのかどうかなんて
分からない。

今でも。

どうか、携帯の向こうであなたも
私と同じクセに悩まされていますように。

携帯画面

 

関連記事

  1. 自動販売機

    長い間君のものだった僕のカラダ。

  2. 携帯電話

    きずな

  3. 足元

    おかえりなさい。

  4. 男性

    昨日と今日と。

  5. 下を向く女性

    なっていたいの。

  6. ハート

    からだ半分。

  7. 切ない背中

    バイバイ、恋。

  8. 携帯

    オレンジのライト

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 観覧車
    2. 肩
      ねぇ

      2015.09.12

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      椅子
      王様席