ココロの中身

平気な振りをしていたけれど
本当は いつでも連絡待ってたんだよ。

言えないまま 平気な振りして
平気になったと思っていたけれど
どこかで無理していた感情が
私の中に綿ぼこりのように積もっていた。

あなたが会いに来てくれたら
そんなことは吹っ飛ぶのに

どうも うまく言えなくて
また 一人で過ごしている。

そうやって、君はそれに慣れて行く。
ふたりの当たり前が ちょっとズレてる。

切ないよ。

簡単なことなのにどうして
君を前にすると
いい子ぶっちゃうんだろう。

嫌われたっていいって
友達には言っていた。

でも、本当は
嫌われたくなかった。

それが いけなかったのかな。

結局は。
わがまま言える子の方が
かわいく見えちゃうんだよね。

一人でも大丈夫だろ?なんて
言わないで。

君のために
君のために

そんな私になったんだから。

海と少女

関連記事

  1. 指輪の跡。

  2. 日記帳

    思い出の準備

  3. 香水

    君のために

  4. 観覧車

    もう泣かないでいいように。

  5. 綴る。

  6. 海と後ろ姿

    一生の女

  7. カフェ

    色を無くした景色

  8. ふたり

    運命の人

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 観覧車
    2. 肩
      ねぇ

      2015.09.12

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      海と横顔
      モトカノ。