この街

8ヶ月ぶりに着た服は
かすかにあなたの匂いがした。

そうか 随分時間が経っていたと思っていたのに

久しぶりに訪れたこの街のどこかに
あなたがいるから
前より 随分 キライになっていたよ

通った記憶のある道は
なんだかビクビクする

随分 居心地の悪い街に
なっていたよ

そうだ、あんなことを考えていた
蘇る

どこかに追いやっていた記憶

今になってイライラしたり
今になって怒ってみたり

蘇る どこかに追いやっていた記憶

あんなに嬉しかったのに
ここに来ることが
あんなにワクワクしていたのに

随分 居心地が悪いよ

誰かとすれ違うたびに
ビクビクしていたよ

まだ この街のどこかに
あなたの残像を
いつの間にか 探していたよ。

この街よ さよなら
本当は大好きだったよ

美しい夕日が見えるこの街
柔らかい空気の この街

笑顔が溢れるこの街

さよなら

本当は大好きだったよ。

線路

関連記事

  1. デート

    あの思い

  2. 横顔

    言葉にできない。

  3. 海と横顔

    モトカノ。

  4. 女性の手

    既読と未読も孤独。

  5. 絶望

  6. 男性

    昨日と今日と。

  7. 指輪の跡。

  8. 携帯画面

    決断

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      桜の季節
      君がいない春