君のいない街

君とよく 偶然会ってたあのバーは
もうずっとclosedのまま。

君と夜明けまで話していた
あの川沿いの芝生は
今はもう入ることができない。

君との思い出がひとつひとつ消えていく。

あそこに行ったら君に会える。
そんな場所も期待も
全て消えてしまった。

この街の風景はどんどん変わっていく。

あれからもう何年も経った。
今 どこで何をしているか、
そんなことも分からないけれど

まだ 君は心の中で
輝きを失うことはなく
いつづけたままで

こんなことを思っている
存在さえも知らないままで。

多分 一生会えない。

こんなことなら いっそのこと
大失恋してしまった方が
もう少し変れたのかもしれない。

あのとき 傷つくのがこわくて
守ったものは 一体 何だったのだろう。

関連記事

  1. 2人の後ろ姿

    つぼみ

  2. 絶望

  3. 綴る。

  4. 横顔女性

    すり抜けていく

  5. どうして、いますか?

  6. 足元

    おかえりなさい。

  7. When

  8. くま

    首のほつれたクマの人形

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      寝転がる女子