おかえりなさい。

おかえりなさい 私。

とってもいい夢を見てたね。
あの人を愛し、あの人に包まれ
とってもいい夢を見てたね。

おかえりなさい 私。

帰ってきて いいんだよ。
また まっさらの自分に 帰ってきたんだから。

今はきっと 涙をこらえ
記憶は消せないままだけれど
今はただ ゆっくり眠ればいい。

おやすみ わたし。

足元

関連記事

  1. 横顔

    廃人。

  2. 日記帳

    思い出の準備

  3. 線路

    この街

  4. 窓辺

    いまでもなお。

  5. 男性

    フラッシュバック

  6. 海と後ろ姿

    一生の女

  7. 少女

    きっと君は誰かを好きになる。

  8. 髪

    千古不易

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      女性の手