きっと君は誰かを好きになる。

私たちはなぜ、出会ってしまったんだろう。
大人になるためだけの 時間だったのならば
なんだか、むなしい。

こんなにも好きだと思ったのに。
こんなにも、求めあったのに。

きっと君は
きっと君はいつか
私じゃない誰かを好きになる。

今までだって、そうだったもの。
きっとこれは、思い出になっちゃうのね。

いつか、目を細めて
思い出してくれるのかしら?

そして、大人になったのだと
思うのかしら。

そんなためだけの 私だったのならば
なんだか、むなしい。

私はきっと
ずっと。

あなたのことが
好き。

 

少女

関連記事

  1. 横顔

    言葉にできない。

  2. 髪

    千古不易

  3. 窓辺

    いまでもなお。

  4. 桜の季節

    君がいない春

  5. 眠る

    ママ

  6. 立ちすくむ

    サヨナラの音。

  7. からっぽ。

  8. 女の子

    永遠の孤独。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      切ない背中