いつか、あなたに会う日

いつか、あなたに会う日が来るまで
あなたの知らない私に

いつか、あなたに会う日には
あなたの知らない服を着て

あなたの知っている私が
まるで、ないように。

あなたが私の中につくった破片が
ひとつもないように。

驚かせてやるんだから。
絶対。

驚かせてやるんだから。
絶対。

後悔させてやるんだから。
離れたことを。

あなたの知らない服を着て
あなたの知らない指輪をして
あなたの知らない香りをまとい
あなたの知らない言葉を話して
まるであなたを知らないような私になってやるんだから。

そして、無邪気に
あなたが大好きだった笑顔を振りまいてやるんだから。

あなたが振りかえっても
振りかえらない女になってやるんだから。

少女後ろ姿

関連記事

  1. 香水

    君のために

  2. 携帯画面

    決断

  3. 指輪の跡。

  4. 自動販売機

    長い間君のものだった僕のカラダ。

  5. 海を歩く女性

    君に会いたい。

  6. 暗闇

    Calling

  7. 海と少女

    ココロの中身

  8. どうして、いますか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      女性モノクロ