眠れないこんな夜は

眠れないこんな夜は
あなたのことばかりを考えて

この骨の髄まで
あなたのものになってしまってもいいと
思ってしまうのです。

しらじらと世が明ける
こんな夜は
あなたの世界に身を任せて
このまま消えてしまってもいいとさえ
思ってしまうのです。

あぁ、君のカラダに融けて
なくなってしまいたいよ
いっそのこと

そして 君をのっとって
君にのっとられて
その息を一緒に吐いていたいよ

眠れない夜は
この部屋中をあなたで満たして
空気になるように
身を預けていたいよ

いっそのこと
このまま 深い深い
知らない世界へ
行ってしまってもいいとさえ
思ってしまう
夏の終わりの
眠れない夜。

ベット

関連記事

  1. 海と後ろ姿

    一生の女

  2. 携帯画面

    決断

  3. 日記帳

    思い出の準備

  4. 横顔

    ドキドキが聞こえますか?

  5. 寝転がる女子

    今日を生きている。

  6. ココロの穴

  7. 指輪の跡。

  8. 横顔

    恋愛ベタな男子に捧ぐ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 2人の後ろ姿
      元彼はyoutuber

      2018.12.17

    2. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    3. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    4. 海を歩く女性

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      後ろ姿