眠れないこんな夜は

眠れないこんな夜は
あなたのことばかりを考えて

この骨の髄まで
あなたのものになってしまってもいいと
思ってしまうのです。

しらじらと世が明ける
こんな夜は
あなたの世界に身を任せて
このまま消えてしまってもいいとさえ
思ってしまうのです。

あぁ、君のカラダに融けて
なくなってしまいたいよ
いっそのこと

そして 君をのっとって
君にのっとられて
その息を一緒に吐いていたいよ

眠れない夜は
この部屋中をあなたで満たして
空気になるように
身を預けていたいよ

いっそのこと
このまま 深い深い
知らない世界へ
行ってしまってもいいとさえ
思ってしまう
夏の終わりの
眠れない夜。

ベット

関連記事

  1. 女性の手

    既読と未読も孤独。

  2. 女の子

    永遠の孤独。

  3. When

  4. 寝転がる女子

    今日を生きている。

  5. 横顔

    廃人。

  6. 空

    君のない一日。

  7. どうして、いますか?

  8. どーにかしたい。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      女性の手