ナミダ、コボレル。

ぼんやりとした ライトの元でひとり。
ナミダ、コボレル。

誰かのことを思うよ。
こんな夜は。

月日が流れたって
こんな夜に思い浮かぶのは
あなたのこと。

くやしくなる。
くやしくなる。

いつになってもあなたは
私の中から消えてはくれない。

この大きな空の下、
きっとあなたは笑っていて。
その隣には誰かがいて
そして、きっと笑っていて、
そんなことを勝手に想像して
ナミダ、コボレル。

あぁ、涙ってそうか、
こぼれていくものだったんだ。

あぁ、そうか。
波をこぼすことなんて
ずっと忘れていたし、
ずっとこらえていたし、
ずっと追いやっていたし。

こんな感情がまだ
私には残っていて

こんな感情をまだ
君に抱いていたことを知る。

寂しいだけでは いい表わせない
この複雑な心よ。

涙をこぼすことで
私に教えてくれる、なにか。

ナミダ、コボレル。
ナミダ、コボレル。

ナミダ、コボレ、
ナミダ カラ シル、

君への恋ゴコロ。

泣く女性

関連記事

  1. 少女

    きっと君は誰かを好きになる。

  2. 海と少女

    ココロの中身

  3. 手にハート

    こぼれたダイヤモンド

  4. カフェ

    色を無くした景色

  5. デート

    あの思い

  6. 後ろ姿

    僕のこれからのために。

  7. ココロの穴

  8. 街

    奪い去ってしまいたい。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      寝転がる女子