バイバイ、恋。

いらっしゃい!と手を広げて
掴んだ恋があった。

この人なら!今度はきっと!
喜びと期待で溢れていた。

地上から5センチ上を歩いている。
そんなふわふわで不安定な感じも
すべてが幸せだと思えた。

占いを読んだり、高ぶる感情の起伏。
呼吸さえも幸せな苦しさで。

恋という魔法がかけたフィルターは
ときに 見えないものも作り出す。

試して、求めて、ゆらいで。
笑って、ときめいて、ゆらいで。

でも、届かなくて。

作りだすしあわせは
しあわせじゃないものも
つくるときがある。

わかってしまった、知ってしまった。

気づかない方がしあわせだった。

気づいてしまった自分が悪い?

バイバイ、恋。
楽しかった、恋。
苦しかった、恋。
高ぶった、恋。

うまくやれると思ったのに
また、すり抜けた。

どうしたらよかったんだろう。
すっと、音を立てて、通り過ぎた。

さよなら、恋。
だいすきだったよ。

バイバイ、恋。

また、わたしの頭と体が冷えたころ、
やっておいでね。恋。

切ない背中

関連記事

  1. リンゴ

    なにひとつ

  2. 携帯画面

    決断

  3. ハート

    からだ半分。

  4. コーヒー

    コーヒーはブラック。

  5. 空

    君のない一日。

  6. 桜の季節

    君がいない春

  7. ベット

    眠れないこんな夜は

  8. 壊れたガラス

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 2人の後ろ姿
      元彼はyoutuber

      2018.12.17

    2. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    3. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    4. 海を歩く女性

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      椅子
      王様席