千古不易

君が今 どうしているとか
今日は何たべたとか。

そんなことを考えるのが
日常になっていて

君が僕をどう思っているとか
いつか付きあえるとか
そんなのもどうでもよくなって

これを取り上げられたら 僕は
しぼんでしまうんだよ。

君が生きているだけで
いいってくらいの
穏やかな 穏やかな
絶対変わらない 安心感で

今の僕は生かされている。

 

髪

関連記事

  1. 壊れたガラス

  2. するりと逃げて行く

  3. 好きで、いよう。

  4. 線路

    この街

  5. 海と少女

    ココロの中身

  6. 後ろ姿

    以心伝心

  7. 後ろ姿

    誰にも、とられたくないんだよ。

  8. リンゴ

    Restart

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 2人の後ろ姿
      元彼はyoutuber

      2018.12.17

    2. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    3. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    4. 海を歩く女性

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      女性の手