千古不易

君が今 どうしているとか
今日は何たべたとか。

そんなことを考えるのが
日常になっていて

君が僕をどう思っているとか
いつか付きあえるとか
そんなのもどうでもよくなって

これを取り上げられたら 僕は
しぼんでしまうんだよ。

君が生きているだけで
いいってくらいの
穏やかな 穏やかな
絶対変わらない 安心感で

今の僕は生かされている。

 

髪

関連記事

  1. 暗闇

    Calling

  2. あなた

  3. 眠る

    ママ

  4. 立ちすくむ

    サヨナラの音。

  5. 桜の季節

    君がいない春

  6. うんざり。

  7. カフェ

    色を無くした景色

  8. 男性

    僕たちの温度

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

最近の記事

  1. 2人の後ろ姿
    元彼はyoutuber

    2018.12.17

PICKUP

  1. 切ない恋の詩

    女性モノクロ