君のない一日。

今日という日は一生にもうないのに
今日は君がちっともない。

たった少しの文字のやり取りで
今日という日が終わった。

今日はもう、一生にもうないのに。

もし僕が明日、死んでしまったら
きっと後悔するだろう。
とても小さなことだけれど。

君のない日はどこか 空虚で
そんなに僕が君の時間に
邪魔しないでいたのかと
ほんの少し
寂しくなるよ。

君のない日は
もう いらない。

空

関連記事

  1. 桜の季節

    君がいない春

  2. 日記帳

    思い出の準備

  3. 立ちすくむ

    サヨナラの音。

  4. 後ろ姿

    僕のこれからのために。

  5. 横顔

    デジャヴ

  6. 絶望

  7. あなた

  8. 男性

    フラッシュバック

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩