奪い去ってしまいたい。

いつもいい子にしてたの。
いい子だって思って欲しかったから。

だから、いつも、いい子にしてたの。
いつも、文句、言わなかったの。

耐えればいいと思った。
耐えればいいんだって思ってた。

そうすれば、笑顔の時間が過ぎていくのだと、
思ってたんだ。

あなたはそれでも、何も分からず
冗談言って、笑っていたね。

でも。
でも。

たまにね。
思うんだ。

奪い去ってしまいたい。
いい子じゃない、わたし。

関連記事

  1. 男性

    僕たちの温度

  2. 空

    例えばこんなとき。

  3. ハート

    からだ半分。

  4. 横顔

    デジャヴ

  5. When

  6. デート

    あの思い

  7. 壊れたガラス

  8. コーヒー

    コーヒーはブラック。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      切ない背中