奪い去ってしまいたい。

いつもいい子にしてたの。
いい子だって思って欲しかったから。

だから、いつも、いい子にしてたの。
いつも、文句、言わなかったの。

耐えればいいと思った。
耐えればいいんだって思ってた。

そうすれば、笑顔の時間が過ぎていくのだと、
思ってたんだ。

あなたはそれでも、何も分からず
冗談言って、笑っていたね。

でも。
でも。

たまにね。
思うんだ。

奪い去ってしまいたい。
いい子じゃない、わたし。

関連記事

  1. からっぽ。

  2. どうして、いますか?

  3. 少女後ろ姿

    いつか、あなたに会う日

  4. 自動販売機

    長い間君のものだった僕のカラダ。

  5. 横顔

    恋愛ベタな男子に捧ぐ。

  6. 女性の手

    もしも、あなたに出会ったら

  7. 壊れたガラス

  8. 後ろ姿

    僕のこれからのために。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      椅子
      王様席