すり抜けていく

すり抜けて、行きそう。
君は、僕の腕から。

スルリと交わして、すり抜けて、行きそうなんだ。
どうして、どうして。こんな気分になるんだろう。
でも、すり抜けて、行きそう。

僕の腕から。

きっと君は笑いながら
どこかへ行ってしまうんだね。

そんな儚さを今日も君は漂わせる。

横顔女性

関連記事

  1. 眠る

    ママ

  2. するりと逃げて行く

  3. 壊れたガラス

  4. 海と後ろ姿

    一生の女

  5. たたずむ

    片思い100%

  6. 足

    運命の人2

  7. 少女

    きっと君は誰かを好きになる。

  8. 後ろ姿

    僕のこれからのために。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      女性の手