からっぽ。

時間が経って ようやく分かってきた。
やっと 全てを 受け入れられてきた。

私からあなたが消えていく。
あのやさしい笑顔も 幻のように遠い記憶。

あなたから私が消えていく。
時間が経つほど、思い出になっていく。
あなたから私がどんどん過去になっていく。

からっぽ。になった。

キミが満たしてくれたものが。もう。
自分の体が 自分のものじゃないみたいに。
いまさら 気づいてごめんなさい。
随分 たくさんの何かをキミは残していったんだね。

からっぽ。になっていく。

今日よりも明日、明日よりも、あさって。

どんどん私からあなたが消えていく。

関連記事

  1. 今、僕はどんな顔をしている?

  2. 手にハート

    こぼれたダイヤモンド

  3. 立ちすくむ

    サヨナラの音。

  4. 好きで、いよう。

  5. 空

    髪を切った日。

  6. 日記帳

    思い出の準備

  7. 下を向く女性

    喪失感

  8. 泣く女性

    ナミダ、コボレル。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      横顔
      デジャヴ