Restart

あれからやけにはしゃいで過ごした。
あなたがいなくても生きていけるって思いたくて。
時には 寂しくなるけど
新しい自分になれる機会だと言い聞かせてる。

いろいろ 悩んで
泣いて 過ごして
迷って出した結論は 多分 間違ってない。
褒めてあげよう。

つらかっただけじゃない思い出を断ち切って
時々は戻ってもいいと思うズルさを飲み込んで
空いた時間に戸惑いながらも
ひたすら前を見ようとした私を。

あなたの声を聞いて 心の痛みは残るけど
こんな私の門出は 明るく祝うしかないから。

昔と違う私を あなたに見せて
新しいふたりを始めることで 何かを終わらせる。

こんな私を褒めてあげよう。 褒めてあげよう。
偉かったねって言えるように

これはあなたへの最後の優しさ。
今は分かってもらえなくても
いつかあなたも気づくはず。
あなたも門出を迎えたときに。

リンゴ

関連記事

  1. 君のいない街

  2. カフェ

    色を無くした景色

  3. 自動販売機

    長い間君のものだった僕のカラダ。

  4. 窓辺

    いまでもなお。

  5. 男性

    昨日と今日と。

  6. シャボン玉

    スキダッタ

  7. 女性の手

    もしも、あなたに出会ったら

  8. 泣く女性

    ナミダ、コボレル。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩