好きで、いよう。

忘れよう、忘れようとしていた。

携帯の写真やメールを消したり、
もらったピアスやネックレスも
捨てたわ。

でも、あなたは
あなたとの思い出は
体の中に染みついていて

だから、体中が痛むよ。

忘れよう、忘れようとしていた。
消そう、消そうとしていた。

でも・・・

どうしても、好きだから。
まだ、好きだから。

あなたのこと、好きでいよう。

この気持ちは、消えない。きっと、一生。

だから、
まだ好きでいよう。

叶えることだけが恋じゃない。

会えなくたって
話せなくたって

あなたはこの星のどこかで
元気にしているんでしょう。

あなたのことを大切に想う一人として
こんな私が存在していたっていいじゃない。

あなたの一番のファンだから。

ずっと、好きでいよう。
ずっと、あなたのこと
好きでいよう。

それでいい。
それでいいんだ。

何も、間違ってないんだ。

そっとそっと・・・

好きで、いよう。

関連記事

  1. 東京の夜景

    光と文字の街

  2. 横顔女性

    すり抜けていく

  3. 桜の季節

    君がいない春

  4. からっぽ。

  5. 線路

    この街

  6. 海を歩く女性

    君に会いたい。

  7. コーヒー

    コーヒーはブラック。

  8. 壊れたガラス

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 2人の後ろ姿
      元彼はyoutuber

      2018.12.17

    2. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    3. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    4. 海を歩く女性

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      海と後ろ姿
      一生の女