運命の人2

もしも、あなたと私が
運命の人であったなら
きっと、いつか
会えるよね。

もう、ふたり、
すごく大人になっても
きっと、いつか
会えるよね。

どこにいても気がつくように
その笑顔は変わらないでね。

どこにいても気がつくように
優しいままで、いてよね。

もしも、あなたと私が
運命の人であったなら
もう、振り回されない。
もう、離さない。

それまで、少し
遠回りしてみるから
運命の人よ。

いつか、いつか。
私のこれから長い人生の中で
また・・・会いましょう。

足

関連記事

  1. デート

    あの思い

  2. ふたり

    運命の人

  3. 絶望

  4. 男性

    僕たちの温度

  5. うんざり。

  6. 椅子

    王様席

  7. あなたとわたし。

  8. カフェ

    色を無くした景色

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 観覧車
    2. 肩
      ねぇ

      2015.09.12

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      桜の季節
      君がいない春