小さな君

ある日突然君はいなくなった
小さな君
今はどこにいる

さっきまで無邪気にしてたのに
助けてあげられなくてごめん

君との思い出は少し
たった少し
でもとても嬉しくて
とても愛おしくて
これからがとても楽しみだった

じゃれついて
一緒に眠って
優しかったね

ありがとうね

君との思い出は少し
たった少し

今でも君を探している
この街のどこかに

いつまでも待っているよ
ここにどうか
帰っておいで

犬と子供

関連記事

  1. イノリ

  2. 桜の季節

    わらっているだけで。

  3. ママの額。

  4. シャボン玉

    ありがとう、さようなら。

  5. あなたは太陽。

  6. 君の命。

  7. 空

    いつになったら。

  8. これを読んでるあなたへ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

大切な人へ贈る詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      切ない背中