わらっているだけで。

私はまだ知らなかった
誰かが笑っているだけで
それだけで
良いということ

居心地の良い帰る場所がある、ということが
どんなにたくさんの人の幸せを与えられることか

それがどんなに大切なことか
それを造るのがどんなに大変なことか

私は知らなかった
あって当たり前だと思っていた
当然のことだと思っていた
大したことないことだって思っていた

こんな普通の日常が
どれだけ幸せであったことかを

こんな普通の日常が
普通でも日常でもなかったという真実

自分が笑っていられること
自分が笑っているだけで良いということ

誰かが笑っていられること
誰かが元気でいること
誰かがここにいることが

どれだけ多くの人に安らぎと幸せを
与えていたかを

こんな普通の日常が
普通でも日常でもなかったという真実

桜の季節

関連記事

  1. イノリ

  2. 犬と子供

    小さな君

  3. 星になった君へ。

  4. シャボン玉

    ありがとう、さようなら。

  5. あなたは太陽。

  6. ママの額。

  7. 観覧車

    ごめんね も ありがとう も。

  8. 空

    いつになったら。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

大切な人へ贈る詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 東京の夜景
      光と文字の街

      2018.10.10

    2. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    3. 海を歩く女性
    4. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩