ありがとう、さようなら。

あなたはいつも明るかった。
あなたはいつも優しかった。
あなたはいつも、誰かを思いやっていた。

精一杯、生きていてくれて
ありがとう。

精一杯、笑ってくれて
ありがとう。

私はあなたに何が出来ただろう。
もっと、色んな思い出を増やしてあげればよかったよね。

最後につないだあなたの手は
細く長い指をして
とても冷たかったから
指と指をつないだら
ふふ、って笑っていたよね。

私のことが分からなくなっても
いいよ。

私のことを覚えていなくても
いいよ。

いつかのあなたの姿が
私の中で生きているから。

お疲れ様。
ありがとう。
さようなら。

シャボン玉

関連記事

  1. 君の命。

  2. 空

    いつになったら。

  3. イノリ

  4. これを読んでるあなたへ。

  5. 星になった君へ。

  6. 桜の季節

    わらっているだけで。

  7. ママの額。

  8. 犬と子供

    小さな君

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

大切な人へ贈る詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. シャボン玉
      スキダッタ

      2018.08.3

    2. 海を歩く女性
    3. 女性の手

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩