気づいたの。

どうして私ばっかり
嫌なことが起こるんだろうって
思っていたの。

どうして、私ばっかりって。

何がいけないんだろう。
周りが悪いんだろう。

とか。

でもね、気づいたの。

私に嫌なことなんて
なにひとつ起こってなかった。

私がすべて“嫌なこと”として
感じてたの。

私自身のフィルターで。

いじけてたんだ。
多分。

あのときは分からなかったけど。

大したことじゃなかった。
本当は。

なのに、
分からなかったの。

こうやって気づくことができた。
こうやって気づかせるために
起きたことだった。

ちょっとは大人になったでしょ?

そう、悪いことなんて
なにひとつなかったんだ。

全て、私に起こるべくして起きた事で
きっと、これは
与えられたこと。

関連記事

  1. 上を向く少女

    泣こうか。

  2. 花

    ありがとう。

  3. 僕たちはいつも求めてばかり

  4. とくべつ。

  5. シャボン玉

    それがあなたに必要なこと。

  6. 泣いてもいいよ。

  7. 新しい私

    明日へ

  8. 生意気だけど、君に捧ぐ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

元気になる詩

最近のコメント

最近の記事

  1. 2人の後ろ姿
    元彼はyoutuber

    2018.12.17

  2. 東京の夜景
    光と文字の街

    2018.10.10

PICKUP

  1. 切ない恋の詩

    線路
    この街