決めた

もしかしたら、うん。そうだね。

もしかしたら、君は永遠に僕のものにならないかもしれないけど。
それはとても高い確率で、うん。そうかもしれないけど。

でも、
君が笑っていてくれるのなら、僕はそれでもいいような気がしてきた。

ずっと、ずっと、そのやさしい笑顔でいてくれるのなら、
失恋とか、涙とか、結果とか後悔とか、
そういうものがどうでも良くなっちゃったんだ。

うん。決めたよ。

遠くからでもいい。でも、できれば近くで、
その笑顔をそっと、そおっと見守ることにしたよ。

それで、僕は幸せだ。

飴

関連記事

  1. 手をつなぐ

    これ以上、好きになれない。

  2. 花火

    じんわり。

  3. 星のお菓子

    その答えのすべて

  4. 足

    あのね

  5. 横顔

    カタガキ

  6. 肩

    ねぇ

  7. ろうそく

    祈り

  8. 歯ブラシ

    ハブラシ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

幸せな恋の詩

最近のコメント

    最近の記事

    1. 観覧車
    2. 肩
      ねぇ

      2015.09.12

    PICKUP

    1. 切ない恋の詩

      少女後ろ姿