からっぽ。

時間が経って ようやく分かってきた。
やっと 全てを 受け入れられてきた。

私からあなたが消えていく。
あのやさしい笑顔も 幻のように遠い記憶。

あなたから私が消えていく。
時間が経つほど、思い出になっていく。
あなたから私がどんどん過去になっていく。

からっぽ。になった。

キミが満たしてくれたものが。もう。
自分の体が 自分のものじゃないみたいに。
いまさら 気づいてごめんなさい。
随分 たくさんの何かをキミは残していったんだね。

からっぽ。になっていく。

今日よりも明日、明日よりも、あさって。

どんどん私からあなたが消えていく。

関連記事

  1. 切ない背中

    バイバイ、恋。

  2. 海と少女

    ココロの中身

  3. 綴る。

  4. 自動販売機

    長い間君のものだった僕のカラダ。

  5. 日記帳

    思い出の準備

  6. 女の子

    永遠の孤独。

  7. 女性の手

    もしも、あなたに出会ったら

  8. 線路

    この街

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

最近の記事

  1. 2人の後ろ姿
    元彼はyoutuber

    2018.12.17

PICKUP

  1. 切ない恋の詩

    桜の季節
    君がいない春