するりと逃げて行く

どうやったら、君に近づける?

どういうことが、君に近づいたことになる?

一歩進んだと思っても
君はするりと逃げて行く

そんな気がしたんだ。
永遠に。

どんな人間になったら僕は
君の隣にいれる?

一体、どんな人間になったら君は
僕の隣にいてくれる?

一体、どういうことが望んだことなのか
なにもかも足りない気がするよ

この多くの人から
どうやったら君の眼の中に映れる?

この多くの人の中から
どうやったら君に選んでもらえる?

僕の考えていることは
ただの夢なのか?

ただの、たわごとなのか?

そんなことを考えているうちに
きっと君はするりと逃げて行く。

関連記事

  1. ふたり

    誰かの恋人

  2. 後ろ姿

    僕のこれからのために。

  3. シャボン玉

    スキダッタ

  4. うんざり。

  5. 街

    もう一度あなたに

  6. 女性の手

    既読と未読も孤独。

  7. 男性

    僕たちの温度

  8. 自動販売機

    長い間君のものだった僕のカラダ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このカテゴリの一覧

切ない恋の詩

最近のコメント

最近の記事

  1. 2人の後ろ姿
    元彼はyoutuber

    2018.12.17

PICKUP

  1. 切ない恋の詩

    横顔